【レポ】だるまケーキに目入れ、披露宴入場は父と。「叶えたい!」を思いっきり実現できた

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

以前から花嫁姿に憧れがあったので、結婚が決まったときは「ドレスが着れる!」ってワクワクでした。元々はドレスへの憧れの方が強かったのですが、神殿がとても素敵だったので、挙式は白無垢で。でも、着たい衣裳は妥協したくなくて、当日はウエディングドレス、カラードレス、白無垢、色打掛の4着着ることに! それぞれの衣裳に合わせた演出も考えて、笑いあり、感動ありの楽しい時間を過ごすことができました。(友希菜さん)

 

■結婚式場

八雲迎賓館(福井県・福井市)

 

■二人が叶えたかったこと

①広い会場で多くの人に囲まれ楽しく過ごしたい
②美味しい料理でゲストをおもてなし
③人と違った面白い演出を取り入れたい

 

【挙式後演出】年代問わず盛り上がるゲスト全員参加型「お菓子まき」の演出!

挙式後はガーデンに出て「お菓子まき」。お菓子をまく方も、受け取る方も、みんながワクワク楽しめる演出。ゲスト100人分という、たくさんのお菓子を用意した。

 

【ケーキ】ケーキカットの代わりはだるまケーキに二人で目入れ!

赤い色打掛に合わせて、だるまケーキをオーダー! いちごがキレイに敷きつめられたリアルで可愛いだるまは写真映え間違い無し。チョコペンで、だるまに目入れをした。

 

【お色直し入場】絶対に叶えたかった家族と一緒のお色直し再入場

「挙式は神前式で、母と一緒の入場だったので、披露宴では父と一緒に歩く時間を作りたかったんです」と友希菜さん。ウエディングドレス姿で、お父様と腕を組んで再入場!

 

【演出】大迫力のバルーンクラッカーで会場に大歓声!

みんながビックリして、盛り上がる演出がしたいと瑞希さんがセレクトしたのはバルーンクラッカーの演出。その後は、カラフルなバルーンを持ちフォトサービスを行った。

 

【アイテム】二人で協力して結婚式準備も楽しい思い出に

二人で協力し合ってアイテムを作成。デザインが得意な友希菜さんは、ウエルカムボードに絵の具などでイラストを描いた。瑞希さんは折り紙のお花を120個も作ったそう!

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

会場見学のとき、会場全体の雰囲気はもちろん、スタッフの方の雰囲気も温かくて素敵だなって感じました。私たちの叶えたいことを、私たちと同じ目線で一緒に考えてくれたのが、とてもうれしかったです。

 

■この会場のココが良かった!!

私たちに寄り添ってくれた頼もしいスタッフ!

私たちの話をじっくり聞いてくれ、相談しやすかったです。やりたいことを叶えるために具体的なアドバイスをくれ、楽しく打ち合わせができました。

 

神殿や披露宴会場の温かい雰囲気が好き!

ガラス張りの壁で開放的な神殿は、爽やかで温かい気持ちに! 披露宴会場の、白を基調とした上品な雰囲気は、和洋どちらにもぴったりでお気に入り。

 

色んな年代のゲストにも喜んでもらえる料理

地元の食材を取り入れてくれ、見た目も華やかで美味しいメニューが魅力的でした。専属のパティシエにケーキをフルオーダーできたのもよかったです。

 

■profile

福井県鯖江市
笠島 瑞希さん(25)・友希菜さん(24)

 

■挙式データ

挙式日:3月18日
挙式スタイル:神前式
準備期間:9カ月
ゲスト数:100名
結婚式の総額:約410万円

 

■当日のスケジュール

挙式  11:45〜
披露宴 13:00〜
二次会 18:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ