【レポ】「縁結びの神様の前で、式を挙げたい」。結婚式に対する二人の想いは同じでした

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

結婚が決まった時、お互い挙げたい式場はすでに決まっていて。それが、偶然にも同じ出雲記念館だったんです!出雲の神様の前で誓いを立て、ゲストのみんなに囲まれながら、夫婦になる誓いの詞を読み上げる。とても緊張しましたが、ようやく夫婦になったんだって。人生の区切りが付いたような気持ちになれました。今までの感謝を両親にも伝えられましたし、「これから二人で頑張っていこう」、改めてそう思える一日になりました。(雄大さん)

 

■結婚式場

出雲記念館(福井県・福井市)

 

■二人が叶えたかったこと

①神前式を挙げたい
②ゲストみんなが楽しめる結婚式
③日本酒が好きなので盃回しをしたい!

 

【挙式後】神聖な儀式の後は折り鶴シャワー!笑顔がほころぶ

固めの盃やあいおいの儀、玉串拝礼などの儀式を行った後は、ゲストからあたたかな祝福! 式の最中は緊張の面持ちだった二人も、みんなの笑顔を見てほっとした表情に。

 

【挙式後演出】「福縁まき」で、ゲストみんなと福を分かち合う

「饅頭まきに参加して楽しかった」という麻里奈さんのお母さんの言葉から、まんじゅうや駄菓子など様々な種類のお菓子をまく「福縁まき」を実施! 青天の下、ゲストと楽しんだ。

 

【演出】日本酒が好きな新郎新婦が選んだのは盃(さかずき)回し!

大きな盃に注がれた日本酒を会場で回し飲みをする「盃回し」。「集まってくれた人の縁を大切にし、盃を回すことで縁を担ぐという意味も、ステキだなと思いました」と雄大さん。

 

【ケーキ】インパクト抜群の大きなしゃもじでファーストバイト!

苺が大好きな雄大さんのために、苺たっぷりのケーキをセレクト。「普通のスプーンじゃ面白くない」と、ネットで長さ75cmの大きなしゃもじを購入して、迫力満点のバイトに!

 

【演出】友人たちに大好評!二人が直接サーブするデザートブッフェ

ガーデンにケーキやタルト、プリン、ゼリーなど約10種類のデザートを用意。「『私もファーストバイトをして!』と言ってくれた友達には、食べさせてあげました(笑)」と麻里奈さん。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

小さい頃からよく行っていた神社だったので、安心感がありました。それに、知り合いがここで式を挙げた時も出席したんですが、緑も多くて気持ちいい! ここなら、厳かな雰囲気で憧れの神前式ができると思いました。

 

■この会場のココが良かった!!

縁結びの神様の前で、挙式がしたかった

出雲記念館は、縁結びの神様で有名な島根県・出雲大社の北陸唯一の分院。そのことを知って、「ココで挙げたい!」という気持ちが大きくなりました。

 

和洋折衷の料理が、前評判通りの美味しさ!

「料理が美味しい」と知り合いから聞いていましたが、試食をしたら評判通り! ステーキも、海老しんじょうのソースがけも全部美味しかったです。

 

何でも相談にのってくれたプランナーさん

担当のプランナーさんは、よく聞きよく笑う方で、マリッジブルー状態の時もよく相談に乗ってくれました。要望に対しても的確に対応してくれましたね。

 

■profile

兵庫県伊丹市
川﨑 雄大さん(28)・麻里奈さん(27)

 

■挙式データ

挙式日:4月7日
挙式スタイル:神前式
準備期間:1年
ゲスト数:40名
結婚式の総額:約203万円

 

■当日のスケジュール

挙式  14:00〜
披露宴 15:10〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ