【ララシャンス 太陽の丘】準備は、ゲストの笑顔を思い浮かべながら。 結婚式がこんなに楽しいなんて思わなかった!

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

石川県小松市
木藤 成俊さん(29)・ 好さん(28)

挙式DATA

会場 ララシャンス 太陽の丘
挙式日 4月29日
準備期間 1年2カ月
挙式スタイル キリスト教式
ゲスト数 94名
結婚式の総額 約400万円

 

 

  結婚式当日をレポート!

  挙式

ちびっこ登場!穏やかな雰囲気でアットホームな挙式に

木のぬくもりがあたたかみを感じられるチャペルに、好さん手作りのフラッグを持った、かわいいちびっ子たちが登場! おかげで二人の緊張が和らぎ、会場にも笑顔があふれた。

 

 装飾

フラワーとグリーンで彩った高砂ソファにゲストもくぎ付け!

プリザーブドフラワーやドライフラワー、アンティーク家具でコーディネートした高砂。中には、好さんが自宅から持ってきたというアイテムも! ゲストからも「オシャレ!」と歓声が。

 

 披露宴

記念撮影をしながら友人たちとたっぷりおしゃべりの時間を

お色直し入場の後は、ゲストとたっぷり歓談を。「友人たちが、お揃いのドレスを着て来てくれたのも驚きです!」と好さん。ナチュラルアンティークな会場装花とも相性抜群。

 アイテム

大好きな「星」をモチーフにした手作りアイテムたち

会場内には、「星」がたくさん! メニュー表や席次表などのペーパーアイテムは、全て好さんの手作り。「インスタで調べて、いいなと思ったものを作っていくのが楽しかったです」。

 

 前撮り

念願の和装姿や緑いっぱいの会場で好きなだけ撮影

前撮りでは、結婚式当日着られなかった和装も楽しんだ二人。「時間がたっぷりあったので、撮りたい写真をたくさん撮れて大満足!」。好さん手作りのアイテムも活躍した。

 

 二人にインタビューしました!

Q.結婚式をしてみてどうでしたか?

だんだん準備も楽しくなって…当日は最高に幸せでした

正直、最初は人前でベタなことするのは恥ずかしいなって思ってたんです。でも始めてみると、演出もドレス選びも、節約のために挑戦した花嫁DIYも段々楽しくなってきて。当日、ゲストから「楽しい!」「おしゃれ!」って言ってもらえたのが、とてもうれしかったです。(好さん)

 

Q. 結婚式当日のハプニングはありましたか?

リングガールをする予定の姪が泣いて出て行っちゃった!(笑)

緊張したのか、姪が挙式中に出て行っちゃったんです。どうなることかと思いましたが、お姉ちゃんと一緒なら安心したみたいで、その後に二人で再登場してくれました。(好さん)

 

Q.結婚式準備で一番大変だったことはありますか?

パソコンが苦手な私たち。アプリでの席次表作りに大苦戦

彼も私もパソコンが苦手なので、スマホのアプリで席次表を作ることにしたんです。そしたら、パソコンと比べて編集するのにすごく時間がかかったし、キャンセルが出る度に、作り直しするのも大変で…! 準備するものはたくさんあったけど、一番苦戦しましたね。(好さん)

 

Q. 「ララシャンス 太陽の丘」で結婚式をしてみてどうだった?

あたたかみのある、明るいチャペルがお気に入り

大きな窓から太陽の光が差し込むチャペルは、とっても明るくて心地いい! 挙式での羽根シャワーもステキで、ゲストも驚いてくれそうと思いました。

 

おもてなしの心が伝わってくる接客に感動!

「スタッフさんのおもてなしはスゴいよ!」と友人から聞いていましたが、まさにその通り! 丁寧な対応と結婚式への熱い思いに、心をつかまれちゃいました。

 

メタセコイア並木で、ステキな写真を残したい

会場まで続く長いメタセコイアの並木道は、すごく素敵なフォトスポット。彼と「ここで記念の写真をたくさん撮りたいね!」という話で盛り上がりました。

 

 

「ララシャンス 太陽の丘」が気になったらこちらをチェック

 

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ