【レポ】「気取らずナチュラルに!」が僕たちらしさ。ちびっこ大活躍のグランピング風ウエディング

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

趣味の登山グループのメンバーだったことが、僕たちの出会いのきっかけです。もちろん、二人とも自然が大好きでアウトドア派。そして、家族をはじめ、ゲストにもアウトドア好きがいっぱい! だから、堅苦しくなく「自然を感じられるおもてなし」が自分たちらしく、ゲストにも喜んでもらえるかなって思って。グランピング風に会場を装飾し、甥っ子・姪っ子たちにも演出をたくさん手伝ってもらって、アットホームな時間を過ごせました。(博一さん)

 

■結婚式場

RAVIR KANAZAWA(ラヴィール金沢)(石川県・野々市市)

 

■二人が叶えたかったこと

①アウトドア好きならではの演出を取り入れる
②ちびっこゲストも主役! 和やかで楽しい時間に
③挙式のみ参列のゲストへもしっかりおもてなしを

 

【挙式】チャペルの緊張感をふんわりほぐすリングガール&ボーイ

扉が開き、ピンと張りつめた空気が広がったチャペルを目の前に、緊張が止まらなかった博一さん。堂々と登場したリングガール・ボーイの姿が微笑ましく、リラックスできたそう。

 

【挙式後演出】挙式だけのゲストへもウエルカムパーティーでおもてなしを

残念ながら披露宴に招待できなかった友人たちが「挙式だけでも」と、たくさんお祝いに駆けつけてくれた。そんなゲストへ軽食を準備し、会話や撮影を楽しむ時間を用意。

 

【装飾】グランピング風にまるで自然の中でくつろげる空間に!

グリーンをふんだんに飾ったり、床に芝を敷いたりして、森の中を演出。ゲスト数が多く、披露宴会場内に収まらなかったので、扉をオープンにし、ホワイエにもテーブル席を設けた。

 

【演出】堅苦しいのはNO!乾杯もケーキデコもちびっこにおまかせ

披露宴スタートの乾杯スピーチという大役やケーキの仕上げデコレーションも、ちびっこゲストにお願い。大人顔負けのしっかりオチもつけたスピーチで、会場中が大爆笑に包まれた。

 

【サプライズ】トレッキングスタイルでサプライズ再入場。お楽しみBBQへご案内

自前のザックや帽子、ストックを身につけガーデンから再入場。フル装備(?)の二人にゲストの視線は釘づけ。BBQの演出では、目の前の調理パフォーマンスにゲストも大興奮!

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

お互い結婚式に関する知識がなくて、相談カウンターへ行ってみたんです。そこで紹介してもらい、初めて見学したのがラヴィール金沢。チャペルや会場の雰囲気が気に入りました。国道8号から行きやすい立地もよかったです。

 

■この会場のココが良かった!!

ステンドグラスの存在感に圧倒させられた!

真っ白で長いバージンロードに映り込んだ、ステンドグラスの厳かな輝きがとても素敵で印象的でした。二人とも「ここで挙式したい」と意見が一致でした。

 

メニューの要望にも柔軟に対応してくれた!

ゲストにジビエ料理を味わって欲しくて、BBQのメニューに取り入れたいと思っていました。シェフに相談すると、快く対応してくれてうれしかったです。

 

提案力のあるプランナーで準備に安心できた!

アウトドア好きという僕たちの思いに、プランナーさんが演出や装飾など次々とアイデアをくれました。どんどん結婚式が形になっていきワクワクしました。

 

■profile

石川県輪島市
小阪 博一さん(38)・里絵さん(36)

 

■挙式データ

挙式日:3月10日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:6カ月
ゲスト数:77名
結婚式の総額:約366万円

 

■当日のスケジュール

挙式  12:30〜
披露宴 13:45〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ