【ラグナヴェール金沢】おもてなしは、「私たちらしさ」全開で! フラッシュモブや和の演出で盛り上がりました

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

富山県高岡市
原 昂太さん(26)・朋子さん(26)

挙式DATA

会場 ラグナヴェール金沢
挙式日 2月11日
準備期間 9カ月
挙式スタイル 人前式
ゲスト数 74名
結婚式の総額 約450万円

 

 

  結婚式当日をレポート!

  挙式

二人が一目惚れしたクリスタルチャペルでゲストに結婚を誓う

挙式に厳かなイメージを持っていたという二人。「でも、ゲストみんながニコニコの表情で見守ってくれていて。入場してみんなを見た瞬間、一気に緊張がほどけました(笑)」。

 

 サプライズ

会場をわかせたのは新郎新婦自ら踊ったフラッシュモブ!

「自分たちから直接おもてなしをして、ゲストを楽しませたい!」と、この日のために苦手なダンスを何度も練習。友人たちも次々と踊りだし、ゲストに驚きをプレゼントした。


 お色直し入場

石川らしく華やかな花嫁のれんをくぐって登場!

石川の嫁入りの風習である花嫁のれんは、昂太さんのお母さんが結婚した時に使ったもの。和装にぴったりで、「県外から来た人にも、地元らしさを伝えられました」と二人。

 

 演出

和装に合わせたちらし寿司カットやこも樽テーブルラウンド

いとこの結婚式でお肉入刀を見たという昂太さん。「ケーキ以外でも面白そう!」と選んだのはちらし寿司!各テーブルには小さなこも樽を用意し、ゲストと和の演出を楽しんだ。

 

 両親への記念品贈呈

両親を目の前にしたらこらえていた涙が一気にあふれて…!

笑顔いっぱいの結婚式で、唯一昂太さんが涙を流したのはこの瞬間。「今まで、親にいろいろと迷惑をかけてきたなぁって。結婚式だからこそ、ちゃんと感謝を伝えられました」。

 

 二人にインタビューしました!

おもてなしは、『私たちらしさ』全開で! フラッシュモブや和の演出で盛り上がりました

どんな結婚式にしようか考えた時に、ゲストから「楽しかった!」って言ってもらえる一日にしたいと思ったんです。だからまず、こっそり練習していたフラッシュモブでサプライズを! 手拍子の中、友人やスタッフさんと一緒に踊っておもてなし。ちらし寿司カットや花嫁のれんなど、和の演出も新鮮だったみたいで。大好きな人たちの笑顔を見た時、結婚式やって良かったって思いました。感謝の気持ちをこの日、伝えられて本当に良かった!(昂太さん・朋子さん)

 

Q. 二人が「ラグナヴェール金沢」を選んだ理由を教えてください!

「きらめくバージンロードに一目惚れ!兼六園横という立地も決め手になりました」

初めて訪れた時に、フラワーが敷き詰められたバージンロードがきれいで、とても気に入ったんです。それに、立地は兼六園の隣! 県外ゲストも多かったので、私たちの結婚式を機に、金沢観光を楽しんでもらえるのも魅力でした。

 

Q.「ラグナヴェール金沢」で結婚式をしてどうでしたか?

大開口のあるチャペルが、明るくてステキ!

クリスタルのバージンロードや開放的な雰囲気は、私たちの理想にぴったり! 雑誌やネットで見ていた以上だったので、二人とも一目で気に入りました。

 

金沢の名所・兼六園横で、観光も楽しめる

ゲストは県外からくる人が多かったのですが、兼六園横という立地が分かりやすい! 結婚式ついでに、金沢観光も楽しんでもらうのもいいなと思いました。

 

和装にも合う、和モダンなパーティー会場でした

落ち着いた雰囲気の会場「トラディショナルスイート」は、念願だった和装にぴったりだと思ったんです。花嫁のれんやこも樽など、和のアイテムとの相性も抜群!

 

 

ラグナヴェール金沢」が気になったらこちらをチェック

 

ウエディングレポートをもっとみる  

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ