【レポ】結婚式って私たちだけのものじゃない! そう実感できた大切な時間でした

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

「時間も費用もかかるし、しなくてもいいかな」これが、私たちの結婚式に対する以前の思いです。でも、母の「結婚式して欲しい」という思いを叶えよう、お世話になっている方へのあいさつの場をしっかり作ろうと思い、式をすることに。何よりうれしかったのは、90歳を超える祖父母が「式に参列するために体力つけなきゃ」って歩く練習をしてくれたこと。結婚式って、私たちのためだけじゃないんだって気づくことができました!(亜未さん)

 

■結婚式場

Arc-en-Ciel KANAZAWA (アルカンシエル金沢)(石川県・金沢市)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストとのつながりを感じる時間を大切に!
②金沢らしい料理でおもてなし
③「これしかない!」という運命のドレスを着る

 

【挙式後演出】ふんわり空中を舞うキュートなリボンに胸がキュン!

挙式後、大階段でゲストからリボンシャワーの祝福を受ける二人。床に散らばっているだけでも可愛い見た目はもちろん、「縁を結ぶ」という言われも素敵!

 

【ケーキ】会場中大盛り上がり!ミニショベルカーでファーストバイト

将大さんはショベルカーの設計士。担当の機種のフィギュアでファーストバイトをするのが、職場での決まりごと。プレートにはゲストへ感謝のメッセージ「thank you」と書いた。

 

【披露宴演出】自分たちもゲストもみんなが楽しめる演出が盛りだくさん!

遊び心たっぷりの「酒樽クラッカー」での鏡開きで、ゲストにサプライズ! ビールサーブでは、ゲストと楽しく話す時間を作った。デザートはワクワクしながら選べるビュッフェに。

 

【手作りアイテム】得意分野で分担し、楽しみながら節約もできた!

PCに強い将大さんが、ウエルカムボードの写真の合成やムービーの作成・編集を担当。リボンシャワーなどの手作業は亜未さん中心。リングピローは亜未さんの姉が作ってくれた。

 

【前撮り】カラードレス姿はレトロで雰囲気のあるロケーションで撮影!

赤レンガが印象的な「石川四高記念文化交流館」でのロケーション撮影。クラシカルな雰囲気は、まるで映画のワンシーンのよう! 大雪の中の撮影は、今ではいい思い出に。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

友人が誰も挙げていない新しい会場がいいなと思ったことが私の決め手。彼は以前、ゲストとして参列したことがあるのですが、会場の雰囲気や料理の印象がよく賛成してくれました。県外ゲストのために立地も重要でした。

 

■この会場のココが良かった!!

新しい会場に友人ゲストもワクワク!

チャペルも披露宴会場も雰囲気が素敵! 私の友人もアルカンシエル金沢の結婚式は参列したことがなかったので、とても楽しみにしてくれていました!

 

ゲストが観光しやすい街中がよかった!

彼は沖縄出身で学生時代は京都で過ごしていたので、県外ゲストが多かったんです。挙式を午後からにして、午前中は金沢の街を観光してもらいました。

 

金沢ならではの料理の美味しさを実感!

金沢は海鮮が美味しいと有名なので、ゲストのみんなにも金沢の良さを味わって欲しいと思っていました。お酒の種類が豊富だったのもよかったです。

 

■profile

石川県小松市
仲村 将大さん(28)・ 亜未さん(28)

 

■挙式データ

挙式日:3月17日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:5カ月
ゲスト数:66名
結婚式の総額:約480万円

 

■当日のスケジュール

挙式  13:30〜
披露宴 14:30〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ