【レポ】ゲストにたくさん笑ってもらえるようテーマは、「一日百笑」に!

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

「主人のモットーは、“一日一回笑いたい”なんです」という話をプランナーさんにしたら、「みんなで一緒に百回笑う日にしては」と提案してくれ、テーマが「一日百笑」になりました。美味しい料理を用意したり、ワイワイできる雰囲気作りをしたりと、ゲストに笑って帰ってもらえるようなプランを考えました。初めは「こじんまりした結婚式でいいかな」とも思っていましたが、たくさんのゲストと、にぎやかで楽しい時間を過ごせてよかったです!(奈美江さん)

 

■結婚式場

ヴィラ・グランディス ウェディングリゾート(KAZUMIグループ)(石川県・金沢市)

 

■二人が叶えたかったこと

①みんなと一緒に100回笑う日にしたい
②ワイワイできる楽しい雰囲気にしたい
③ゲストをメインにおもてなしの心を大切に

 

【挙式】温かい空間の中ゲストの前で誓う人前式

水と光と緑に包まれたチャペルの中、二人で一緒に考えた誓いの言葉をゲストの前で宣言。大切な人たちみんなに証人になってもらいたいという思いから、人前式が行われた。

 

【披露宴入場】ドラえもんカラーのバルーンとスニーカーで、カジュアルに入場

手には奈美江さんの大好きなキャラクター「ドラえもん」カラーのバルーンを持ち、足にはスニーカーを履いて会場に入場。二人のラフな登場に、ゲストみんなが笑顔になった。

 

【披露宴演出】ケーキじゃなくて「ウエディングどら焼き」にHAPPY入刀!

「ファーストバイトは恥ずかしくて」と、どら焼きカットの後は両サイドから同時にかぶりつき! 漫画のようなどら焼きになるよう、ふくらみを重視して作ってもらったそう。

 

【余興】新郎の後輩によるサプライズ演出で、会場中大盛り上がり!

則夫さんが後輩から手渡されたのは、「アントニオ猪木の引退スピーチ」をもじった奈美江さん宛の宣誓文。赤いタオルを首にかけ読み上げる姿に、会場中が爆笑の渦に包まれた。

 

【アイテム】ゲストへのプチギフトは、もらって困らない実用品をセレクト

甘いものが苦手が則夫さん。「自分と似た男性も多いだろうから、もらって困らないものにしたい」と思ったそう。ゲストに配るプチギフトは、「ふりかけ」をセレクトした。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

ここを選んだ最大の決め手は「人」。スタッフの方々が親しみやすい方ばかりだったので、打ち合わせもとても楽しくできました。料理も会場の雰囲気もとても素敵だったので、他に会場見学へ行くことなく、すぐに決めました。

 

■この会場のココが良かった!!

スタッフの方々のチームワークが最高!

スタッフの方々は、すごくいいチームワークで、打ち合わせも和気あいあいとした雰囲気でした。おかげで、結婚式準備も当日もスムーズに過ごせました。

 

とにかく美味しいオーダーメイドのコース料理!

見学時に試食し、文句のつけようのない美味しさに感動! ゲストへの大切なおもてなしですし、喜んでもらいたかったので、料理も大事なポイントでしたね。

 

二人にもゲストにも、ちょうどいい立地!

石川と富山のゲストが多かったので、ほぼ中間地点という立地もよかったです。高速道路のインターから近く、駐車場も広いので便利でした。

 

■profile

富山県富山市
矢冨 則夫さん(39)・奈美江さん(33)

 

■挙式データ

挙式日:11月12日
挙式スタイル:
準備期間:10カ月
ゲスト数:65名
結婚式の総額:約400万円

 

■当日のスケジュール

挙式  11:30〜
披露宴 13:30〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ