【レポ】みんなが集まってくれている姿を見て、「挙げてよかったな」って心から思いました

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

もともと親族だけで簡単な食事会をしようと思っていましたが、両親に「ぜひ披露宴をしてほしい」と言われたこともあり、感謝の気持ちを込めて披露宴をすることに。結果は、「やってよかったな」と思うことばかりでした。一番感激したのは、披露宴で高砂席に座ったとき。家族や親戚だけじゃなくて、小・中学校、高校、専門学校の友人など、二人の人生に関わってくれたみんなが集まって祝福してくれたことが、本当にうれしかったです。(実穂さん)

 

■結婚式場

越中一宮 髙瀬神社(富山県・南砺市)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストに食事と会話を楽しんでもらいたい!
②歓談の時間をゆっくりととりたい!

 

【挙式前】二人に縁のあるみんなが一緒になり境内を歩く

当日は朝から雨が降ったり止んだり。「参道を歩けるかどうかずっと心配でソワソワしていましたが、ちょうど晴れ間が出て、無事にみんなで参進の儀をすることができました」。

 

【挙式】厳かな雰囲気。でも、お互いの顔が見えるから安心

「すごく緊張すると思っていましたが、お互いに向かい合って座っていたおかげでリラックスできました」と実穂さん。神前式が初めてのゲストも多く、大好評だったとのこと!

 

【披露宴】和の趣たっぷりの美しい会場で披露宴がスタート!

演出や余興は最低限に抑えて、その分だけ歓談の時間をたっぷりと。会話にも花が咲き、「楽しくて楽しくて、びっくりするくらいあっという間に感じてしまいました」。

 

【ケーキ】かわいらしいケーキで二人のキューピッドにお礼のサンクスバイト

甥っ子の二人が運んでくれたのは、いちごとマカロンのケーキ。ファーストバイトのあとは、二人が出会うきっかけとなった友人に感謝を込めてサンクスバイトを行った!

 

【余興】照明を落としてパーティー会場がライブハウスに一転!

披露宴を盛り上げたのは、 現在もバンド活動を行う直哉さんと友人によるライブ演奏! 実穂さんは高砂席から移動し、ゲストのテーブルに座って一緒に演奏を楽しんだ。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

二人とも地元が同じで、髙瀬神社には幼い頃から七五三や初詣でよく訪れていました。ブライダルフェアに参加した際に神殿や会場を改めて見たとき、神聖な雰囲気が気に入って、その場ですぐに決めました!

 

■この会場のココが良かった!!

和食を中心とした料理がすごくおいしい

結婚式ではフレンチなどの洋風料理が多いですが、髙瀬神社は日本料理が評判でした。子どもから高齢の方まで幅広い年代のゲストに喜んでもらえました!

 

四季を感じられるロケーションが美しい

境内も神社の周囲も自然にあふれていて、最高のロケーションだと思います。ちょうど紅葉の時期ということもあり、素敵な写真を残すことができました。

 

スタッフさんの柔軟な対応が好印象です

「余演奏機材を持ち込んでバンド演奏をしたい」などいろいろなお願いをすることになりましたが、快く引き受けてくれたスタッフさんの対応が印象的です。

 

■profile

東京都中野区
北村 直哉さん(31)・実穂さん(31)

 

■挙式データ

挙式日:11月11日
挙式スタイル:神前式
準備期間: 6カ月
ゲスト数:60名
結婚式の総額:約260万円

 

■当日のスケジュール

挙式  13:30〜
披露宴 14:30〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ