【迎賓館ヴィクトリア高岡】みんなで笑ったり、泣いたり…。家族の絆を再確認できた結婚式でした

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

結婚式には、小さい頃からお世話になったおばあちゃんや親族のみんなを招待して、家族の思い出を作りたいと考えていました。挙式当日にみんなから祝福の言葉をもらい、サンクスバイトや余興を通して、家族や親族の絆を再認識できて、心に深く残っています。かねてから念願だった「結婚の誓い」を宣言した時は、こみあげるものがありましたね。笑ったり泣いたり、感動がいっぱいの1日でした。(勇介さん)

 

■結婚式場

迎賓館ヴィクトリア高岡(富山県・高岡市)

 

■二人が叶えたかったこと

①お世話になった人をみんな招待したい
②家族の思い出を作りたい

 

【挙式後演出】ブーケトスの代わりにみんなが参加できるパラシュートベアを

参加者全員が参加できるパラシュートベアを、二人それぞれが打ち上げた。風の影響もあり、二人の方に落下してしまうハプニングがありつつも、会場には笑顔があふれた。

 

【ケーキ】サプライズのラスト&サンクスバイトが家族の思い出に

ケーキカット、ファーストバイトの後は、ご両親とサプライズのラストバイト&サンクスバイトを行った。「親は恥ずかしがっていましたけど、いい思い出になりました」。

 

【お色直し中座】ウェルカムアイテムや中座の演出に家族を想う心を込めて

みずきさんの中座のエスコーターは、大好きなおばあちゃん。妹からは兄弟間で恒例のウェルカムボードのプレゼントが。お母さんからは二人の名前を盛り込んだ詩をプレゼント。

 

【余興】いとこたちが盛り上げてくれた余興で家族や親族の絆を実感

みずきさんのいとこを始め、親戚が自ら立候補して余興を披露。会場内を盛り上げた。「家族や親族の絆がこんなに強いなんて! 感動しました」と勇介さん。

 

【前撮り】挙式当日に来れないおばあちゃんも呼んでドレス姿を初披露!

二人は別々に衣装選びをし、前撮りの時に初めて花嫁・花婿姿を披露したそう。前撮りには二人のおばあちゃんも招いて見学してもらい、喜んでもらえたそう。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

高齢のゲストも多かったのでバリアフリーの会場を探していたところ、何もわからず訪れた私たちに、迎賓館ヴィクトリアのスタッフさんはとても丁寧に接してくださり、「これなら安心してお任せできる」と確信できました。

 

■この会場のココが良かった!!

スタッフさんが丁寧で、親身になってくれます

とにかくスタッフさんの対応がすばらしいです。当日は感謝の気持ちを伝えたくて、プランナーさんにもサンクスバイトをサプライズで行いました。

 

背筋がピンと伸びるような、教会が素敵です

ステンドグラスから光が差し込む様子は本当にきれいで、感動しました。椅子や祭壇は英国で実際に使われていたものだそうなので、重厚感が違いますね。

 

教会から披露宴会場まで、バリアフリー仕様!

駐車場から教会、パーティー会場まで、敷地内にほとんど段差がなく、フラットなので、親族など高齢のゲストも安心して招待することができました。

 

■profile

富山県高岡市
源 勇介さん(33)・みずきさん(33)

 

■挙式データ

挙式日:3月4日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:4カ月
ゲスト数:54名
結婚式の総額:約430万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜
披露宴 11:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ