【レポ】結婚の喜びと、大好きな家族への想い。 その両方を実感した一日でした

TEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

結婚が決まった時、「おめでとう」と祝福してくれた私の家族。でも、年齢的に結婚はまだ先の話と思っていたみたいで、喜びの一方で驚きや寂しさも伝わってきました。だから、結婚式では大好きな家族に喜んでもらおうと準備したのですが、当日は何と、彼と私の家族が内緒で作ってくれたサプライズムービーが上映されてビックリ! うれしさや感謝の気持ちがこみ上げてきて、思わずボロボロ泣いてしまいました。(結菜さん)

 

■結婚式場

迎賓館ヴィクトリア福井 (福井県・福井市)

 

■二人が叶えたかったこと

①ゲストと二人の距離が近い結婚式
②大好きな家族に感謝の気持ちを伝えたい
③本格派の教会で厳かに愛を誓う挙式

 

【挙式】神聖な挙式の後はゲストに見守られながらフラワーシャワー

荘厳な教会での挙式に緊張気味だった二人。挙式後にゲストからの温かい拍手とフラワーシャワーを受け、ホッとした表情に。「結婚した」という実感が湧いてきたそう。

 

【披露宴】みんなと一緒に大盛り上がり! のファーストバイト

ケーキカットの後は、二人の甘いファーストバイト。ゲストの歓声の中、結菜さんが「みんなに楽しんでもらいたくて」と、特大サイズのケーキを大悟さんの口に運ぶシーンも。

 

【アイテム】家族やゲストからのサプライズアイテムが会場にズラリ!

大悟さんの妹からサプライズで贈られたペアグラスやマグカップ、結菜さんが勤務する保育園の先生方からのウエルカムタワーやお祝いムービーなどが、当日の披露宴を彩った。

 

【サプライズ】家族からのサプライズ! 愛が詰まったムービーに喜びと感動の涙!

大悟さんと両家の家族が、この日のために内緒で制作したムービーに、「え?」と驚き顔の結菜さん。恩師や友人たちのお祝いメッセージが流れ、「うれしくて涙が出ました!」。

 

【花嫁の手紙】「ずっとありがとう」胸いっぱいの気持ちを手紙にのせて…

ふだんは言えない素直な気持ちを綴った花嫁の手紙。お父さん、結菜さんが高校の時に亡くなったお母さん、おばあちゃん、妹それぞれに宛てて感謝の気持ちを伝えた。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

初めて会場の下見をしたときに、ステンドグラスがきらめく厳かな教会に一目ぼれ! 迎賓館ヴィクトリアのテーマが「家族愛」ということもあり、私たちの思いにピッタリで、「ここで結婚式をしたい」と思いました。

 

■この会場のココが良かった!!

・思わずうっとり…神聖な空気に包まれる教会

アンティークのステンドグラスや木製の祭壇など、他にはない特別な雰囲気に圧倒されました。当日はゲストも「素敵!」と感激していました。

 

家族への「ありがとう」が伝わる結婚式に

下見の時にスタッフさんから、 迎賓館ヴィクトリアは「家族愛」を大切にする結婚式場だと聞き、私も家族へ感謝を伝える結婚式にしたいと感じました。

 

スタッフの心強いサポートがあるから安心!

もともと演出などの要望は特になかったのですが、スタッフの方が色々提案をしてくれ、安心できました。説明も丁寧で、準備も当日もスムーズでした。

 

■profile

福井県福井市
山口 大悟さん(33)・結菜さん(22)

 

■挙式データ

挙式日:5月12日
挙式スタイル:キリスト教式
準備期間:1年
ゲスト数:100名
結婚式の総額:約575万円

 

■当日のスケジュール

挙式  10:00〜
披露宴 11:00〜
二次会 19:00〜

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ