【ララシャンス 太陽の丘】「梨乃の幸せそうな姿を見れて良かった」。そんな両親の言葉に、胸があつくなりました

marrico_editorTEXT by marrico_editor

2018.10.30

ウエディングレポ

 二人のプロフィールはこちら

千葉県船橋市
金本 航太さん(24)・梨乃さん(25)

挙式DATA

会場 ララシャンス太陽の丘
挙式日 6月16日
準備期間 8カ月
挙式スタイル キリスト教式
ゲスト数 90名
結婚式の総額 約430万円

 

 

  結婚式当日をレポート!

  装飾

ゲストをワクワクさせる手作りアイテムや高砂コーディネートスト

受付には、二人が手作りしたアイテムがたくさん! フォトブースも用意して、式までの時間をゲストに楽しんでもらった。高砂席は、梨乃さんの希望で白×グリーンのナチュラルに!

 

 挙式後演出

フラワーシャワーでは緊張がほどけた二人をゲストみんなで祝福!

挙式後は、大階段のフラワーシャワーで祝福を受けた二人。改めてゲスト一人ひとりと目を合わせることができ、「大好きな人達がこんなに集まってくれたんだ」と実感したそう。


 お色直し中座

中座はやっぱり仲良しの家族としたくてお兄ちゃんを指名!

「呼ばれると思ってなかった」と梨乃さんのお兄さんはびっくりの表情!航太さんも大好きなおばあちゃんと中座し、お互いに大好きな家族に感謝を伝えた。

 

 料理

オリジナルケーキで両親にサンクスバイト。ビュッフェも大好評!

ケーキ入刀の後、二人のお母さんと一緒にサンクスバイトやラストバイトを楽しんだ。刺身や寿司、郷土料理など地元の味を揃えた「北陸ビュッフェ」は、県外ゲストからも大好評!

 

 アイテム

両親を前にしたら、こらえていた涙が溢れて止まらず…

「普段は言えない思いを伝えたくて」と手紙を読んだ梨乃さん。バージンロードを歩く前から既に涙を浮かべていたお父さんに向けて、一生懸命感謝を伝える姿に、ゲストも感動!

 

 

 二人にインタビューしました!

「『梨乃の幸せそうな姿を見れて良かった』。そんな両親の言葉に、胸があつくなりました

入籍と同時に大好きな実家を離れ、始まった都会での新生活。離れてみて初めて、家族がどれだけ大きな存在だったかを知ったんです。買い物に行ったこと、山に紅葉を見に出かけたこと、一緒に泣いて一緒に笑ったこと。辛い時、思い出すのはいつも家族の笑顔でした。そんな気持ちを結婚式で伝えたら、両親が「あんたの元気そうで、幸せな顔を見られただけで十分や」って。私もうれしくて、ほっとして、この日はたくさん泣いちゃいました。(梨乃さん)

 

Q. 二人が「ララシャンス太陽の丘」を選んだ理由を教えてください!

「スタッフの方が親身になってくれて、遠距離でも安心して結婚式準備ができると思ったから」

県外に住んでいるので、地元で結婚式を挙げるとなるとやっぱり不安で…。でも、スタッフさんは打ち合わせやスケジュールの相談など、とても親身になってくれて、遠距離でも安心して結婚式準備ができそうと思えました!

 

Q. 「ララシャンス太陽の丘」のココが良かった!を教えてください。

木のぬくもりあふれるチャペルが心地よかった

まるで森の中にいるようなあたたかな雰囲気が、私の好みとぴったり合いました。自然とリラックスできたし、羽根シャワーの演出もとってもステキでした。

 

大階段を使った演出で、ゲストを楽しませたい

お色直し入場では、バンケットの大階段を使った演出がしたくて。当日、彼が私へダーズンローズセレモニーのサプライズをしてくれたのもうれしかったです。

 

スタッフさんの細やかな気遣いとおもてなし

初めての会場見学で、入場シーンを再現してくれたり、似顔絵をプレゼントしてくれたことがうれしかった。安心して、大切なゲストを任せられると思いました。

 

 

「ララシャンス 太陽の丘」が気になったらこちらをチェック

 

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ