【ANAクラウンプラザホテル金沢】パズルのパーツのように、一つひとつが組み上がって、最高の結婚式ができました

TEXT by marrico_editor

2018.10.31

ウエディングレポ

プランナーさんと相談しながら、料理や演出、コーディネートを決めていったけれど、それが実際はどんな風になるのか、準備中はイメージできなくて不安で。それが当日、パズルのパーツがはまっていくように、目の前でどんどん形になっていって感動でした! 結婚式って、もっと静かな感じかなって思っていたけど、すごくにぎやか。みんな楽しそうなのがうれしかったです。初対面のゲスト同士も話がはずんだみたいで、ここからご縁が広がりそう!(紡さん)

 

■結婚式場

ANAクラウンプラザホテル金沢(石川県・金沢市)

 

■二人が叶えたかったこと

①遠くからのゲストとゆっくり話せる時間を
②ゲストのみんなに楽しんでもらいたい
③おいしい料理とお酒でおもてなし!

 

【挙式】「楽しいシーンにしたい」だから、なんとか 涙をこらえて笑顔に

ベールダウンでお母さんに「かわいいよ」と声をかけてもらい、思わずウルウル。「泣いちゃうとしんみりしちゃうし。楽しみたかったから、笑おう! ってこらえました」と紡さん。

 

【入場】金沢らしさ全開の映像で大迫力のオープニング

出身が北海道という紡さん。遠くから来てくれるゲストへと、金沢ならではの映像満載のマッピングをチョイス。「会場からオーっていう歓声が上がって、やった! って思いました」。

 

【料理】大好きな「福光屋 黒帯」。おいしいお酒を揃えて、ゲストをおもてなし

お酒好きな二人なので、当日のお酒のラインナップには心を配って。料理も「基本のコースに、試食しておいしかったものを組み替えてもらいました」と力を入れた。

 

【お色直し中座】ホテルならではの照明演出で ゴージャスに盛り上げて

慎さんも、紡さんも3人きょうだい。お色直しは、二人ともきょうだい仲良く手をつないで退場した。中座中は、二人で作ったプロフィールムービーをゲストに楽しんでもらった。

 

【ロケーション撮影】一度は着てみたかった憧れの和装姿で。両家の母と楽しんだ!

式当日の会場にも飾った前撮りの写真は、金沢城や兼六園、金沢駅の鼓門で撮影。「前撮りもイベントとして楽しんだらいい!」と、お母さんも誘って素敵な思い出を作った。

 

 

■二人がこの会場を選んだ理由は?

遠くからのゲストが多かったので、まず分かりやすい場所にある会場がいいなと思いました。宿泊のことも考えると、ホテルウエディングは魅力的。お料理をいただいたら、すごくおいしくて。ゲストにも食べてほしいって思いました。

 

■この会場のココが良かった!!

駅のすぐそばで、ゲストも分かりやすい!

駅の隣っていうのが、分かりやすい! 式が6月だったので、雨が降っても濡れずにホテルまで行けるのもよかった。でも当日は、すごくいいお天気でした。

 

階段を降りてチャペルへ向かうシーンが素敵!

ホテル内のチャペルが、明るくて開放的でいいなって思いました。チャペルから階段が見えて、そこをプリンセスみたいに降りて入場するシーンにも憧れました。

 

いただいた和食が、すごくおいしかったんです

和食のコースがとても良くて。和洋折衷のコースにしましたが、大満足でした。金沢らしいお料理を取り入れてもらえるのも良かったなって思います。

 

■profile

石川県金沢市
正水 慎さん(28)・紡さん(28)

 

■挙式データ

挙式日:6月3日
挙式スタイル:人前式
準備期間:7カ月
ゲスト数:55名
結婚式の総額:約300万円

 

■当日のスケジュール

挙式  11:00〜
披露宴 12:00〜
二次会 なし

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングレポ”の最新記事はこちら

このページの先頭へ