【富山】おしゃれチャペル7選!チャペル挙式に憧れる「結婚式場探し中花嫁」必見です

opomeTEXT by opome

2019.08.23

ウエディング

チャペルでのキリスト教式・人前式に憧れる【富山】の花嫁さんへおすすめしたい、とっておきのおしゃれチャペルをセレクトしてご紹介します。

どのチャペルも、絵になる挙式シーンを約束してくれますよ!

 

(富山市)ラ・ブランシュ富山「サン・ミケーレ教会」

森の中に佇むような独立型チャペル!

1万3000㎡もの広々としたウエディングリゾートに佇む、独立型チャペル。祭壇奥の窓からは緑があふれ、まるで森の中にいるかのような幻想的な世界観を演出してくれます。真っ白なアーチ型の天井に、聖歌隊やオルガンの音色が響き渡る神聖な空間で、映画のワンシーンのような感動的な挙式を叶えて。

 

まるでガーデン挙式のよう!四季折々の景色に魅了される

扉を開くと、祭壇の先の美しい緑や青空が、新郎新婦とゲストをお出迎え。清々しく開放的な雰囲気の中、室内にいながらガーデン挙式のようなリラックスした気分を味わえます。もちろん、天候を気にする心配は無し。窓ガラス越しに楽しむ、挙式中のバルーンリリースの演出も人気です。

 

立山連峰も望める大階段で​アフターセレモニーを楽しんで

チャペルの外にあるのは、雄大な景色が一望できる大階段。自然いっぱいの中で、挙式後はゲストといっしょにバブルシャワーやフラワーシャワーなど、記憶に残るガーデン演出を思いっきり楽しめます。挙式だけでなく、アフターセレモニーまでフォトジェニックなシーンに!

 

 

(富山市)キャナルサイド ララシャンス「メアリークロス教会」

スケール大!天使の羽根が舞うクラシカルな大聖堂

環水公園からも目にとまる、遠目にも美しい白亜の教会。天井高10m、大理石のバージンロードは20mと県内最大級の広さ。アーチを描く天井が印象的な館内は、どの席のゲストからも二人が美しく見えるよう工夫されているそう。入場前のムービー演出、館内を青一色に染め上げる幻想的なブルーライティングの演出も行えます。

 

降り注ぐ天使の羽根が​二人の未来を祝福!

「メアリークロス教会」の代名詞ともいえるのが、天使の羽根が舞い降りるセレモニー演出。祭壇で永遠の愛の誓いを交わした二人に、天井から真っ白い羽根が降り注ぐシーンは、夢のような美しさ。もちろん、写真映えも抜群です。このシーンに憧れて、この会場に決める花嫁も多いとか。

 

​チャペルから続く大階段での​フォトジェニックなフラワーシャワー

挙式後のお楽しみは、チャペルから続く大階段でのフラワーシャワー。チャペルの白い外観に、色とりどりの花びらが見事に映えて、まさにフォトジェニック!階段を降りた先にある、プライベート感のあるパティオ(中庭)で、バルーンリリースやブーケプルズ、ゲストとの時間を楽しんで。

 

 

(富山市)ヴィラ・グランディス ウエディングリゾート 富山「ドゥオモ・ディオーネ」

富山市内なのにリゾート感たっぷり!呉羽山の緑に抱かれて完成!

呉羽山丘陵のふもとに佇む、広々とした贅沢な造りの独立型チャペル。宮殿を思わせる外観が印象的!館内は、緑の木々が茂り、ガラス張りの祭壇からの自然光があふれる、とっても気持ちの良い空間です。スタイリッシュな花嫁には、ナチュラルな雰囲気から一変した、ブルーバージンロードのコーディネートもおすすめ。祭壇に備えられたスクリーンを使った、感動のムービー演出も人気です。

 

陽の光と水、緑の中でのセレモニー。開放的で美しいガラス張りの祭壇

光を受けて輝く、水が流れるガラス張りの祭壇。ガラスをつたう清らかな水の音が、緊張した心をほぐしてくれます。祭壇の奥に広がるのは、呉羽山の大自然。やわらかな緑が館内のグリーンとリンクして、なんとも言えない心地よさ。この開放感ならきっと、飾らない笑顔で式を楽しめそう!

 

​フラワーシャワーが絵になる花嫁の憧れ「大階段」

憧れのシーンの一つ、挙式後のフラワーシャワー。チャペルからガーデンへと続く大階段は、両側にゲストが並んでも二人がゆったりと降りられる広々とした造り。チャペルの美しい外観を背景に、ブーケトスやバルーンリリースも絵になります。館内にも大階段を備えるので、雨でも安心。

 

 

(富山市)富山セント・マリー教会&迎賓館ヴィクトリア「富山セント・マリー教会」

140年の歴史がかもし出す、言葉では言い表せない厳かな空気

ステンドグラスや祭壇、チェアなどの調度品は、140年の歴史があるイギリスの教会から譲り受けたもの。アンティークならではの、本物がもつ厳かで重厚な雰囲気が、このチャペルの魅力です。正面のステンドグラスは、季節や時刻によって差し込む光が変わり、それぞれ違った表情に。挙式は、ベストなタイミングを狙って!

 

実際に、たくさんの花嫁を​トリコにしてきた美しいステンドグラスの大階段

教会のシンボルは、数えきれない花嫁たちを見守ってきた、140年前も今も変わらずに美しいステンドグラス。当時は、今のような進んだ技術がなかったため、ガラスの表面にはゆがみやゆらぎが。でもそれがかえって、やわらかであたたかみのある、独特の表情を生み出してくれるのです。

 

​​主役は、二人と家族!家族愛がいっぱいのセレモニー

新しい家族のつながりを祝福することを大切に考える「富山セント・マリー教会」の挙式のテーマは、「家族愛」。式当日も、家族との時間を設けてくれるので、自然と感謝の気持ちが高まって、挙式は一層感動的に。二人と家族を想う心遣いにも、惹かれるカップルが多いようです。

 

 

(高岡市)迎賓館ヴィクトリア高岡「セント・マリーズ教会」

歴史あるステンドグラスから放たれる荘厳な光に包まれて

140年の歴史ある英国の教会から譲り受けた、ステンドグラスや祭壇、チェアなどの調度品を使用。アンティークならではの重厚感ある教会で、本格的な挙式が叶います。ステンドグラスから差し込む光の加減によって、異なる表情をみせるのも魅力。ベストな時間はスタッフに問い合わせて!

 

扉を開けた瞬間目の前に広がる美しいステンドグラス

140年前からたくさんの花嫁たちの幸せを見守ってきた、今も変わらずに美しいステンドグラスが「セント・マリーズ教会」のシンボル。当時の製法によるガラス表面のゆがみによって、やわらかくあたたかみのある独特の表情を生み出しています。ひと目で心を奪われる花嫁が多いそう。

 

今まで、そしてこれからの​家族の絆を大切にするセレモニー

「迎賓館ヴィクトリア高岡」の挙式のテーマは、新しい家族のつながりを大切にする「家族愛」。二人の家族に対する想いに、親身になって寄り添ってくれます。式当日も、家族との時間をゆっくり設けてくれるので、自然と感謝の想いが高まり、より感動的なセレモニーが叶います。

 

 

(軽井沢)「軽井沢高原教会」

90年以上しあわせの歴史を育んできた、ぬくもりある森の教会

宣教師たちに避暑地として愛されてきたことから、キリスト教文化が根づいた軽井沢。この地で大正10年より、多くの人々が集い、語り合ってきた歴史ある教会です。大きな三角屋根の教会が森に自然と溶け込む姿は、私たちが思う「高原リゾート」のイメージそのまま!あたたかで、心のこもった結婚式が行えます。

 

一つひとつのシーンが心に響く!きずなが深まるあたたかな挙式

穏やかで神聖な空気の中、牧師さんからの一言ひとことが心に響く挙式。二人を支えてきた家族へ、ねぎらいと祝福の言葉が贈られると、堂内は感動に包まれます。挙式後には「実りある人生に」との願いを込めたライスシャワーを!感謝を伝え喜びを分かち合う、心に残る式が叶います。

 

毎年8・12月に開催するイベント​「キャンドルナイト」がロマンチック!

無数のランタンの灯りが森に揺れる大人気イベント。夏は満天の星空、冬はきらめくクリスマスツリーと。その眺めは、息をのむ美しさです。ここで式を挙げた二人が、イベントにあわせて再び教会を訪れることも多いそう。開かれた教会だからこそ、いつでも帰ることができる記念の場所に。

 

 

(軽井沢)「石の教会 内村鑑三記念堂」

石と光、水と緑が描きだす、美しい世界に引き込まれる!

足を踏み入れた瞬間、誰もが息をのむ、凛とした緊張感漂う唯一無二の教会。アーチを描く天井から光が降り注ぐ堂内は、神秘的な美しさ。水の流れる音が響き、建物の中にいるのに、自然の中にいるような不思議な感覚に包まれます。五感が研ぎ澄まされるような、自然の神秘を宿したこの特別な空間で、心からの誓いを。

 

教会へと向かう何気ないシーンでさえ!全てが最高にフォトジェニック

挙式を行う礼拝堂だけでなく、礼拝堂へと続く小径も絶好の撮影スポット。森の木々と石とのコントラストが美しく、花嫁のふとした表情も印象的にみせてくれます。森が赤や黄色に色づく季節もまたビューティフル! どこを切り取っても絵になるので、抜群にオシャレな写真が残せます。

 

魅力は美しい空間だけじゃない!息づく思想も素晴らしい、誓いの空間

建物のデザインにばかり目がいきがちですが、そもそもここは、「自然の中こそ祈りの場にふさわしい」と説いた、明治時代のキリスト教者 内村鑑三の「無教会思想」をベースに創られた祈りの空間。「祈りは信仰や形式にとらわれない」という彼の考え方が、今の私たちに実にしっくり。

 

 

▼富山で結婚式場を探すならコチラがおすすめ!

 

▼福井・石川・富山の結婚の準備はこれで完璧!

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディング”の最新記事はこちら

このページの先頭へ