【ヨメトーーク延長戦】「本当は怖い、結婚式のBGM」編

TEXT by marrico_editor

2018.11.01

ウエディング

北陸の卒花嫁3人を集めて、赤裸々ぶっちゃけ座談会を開催した結婚SANKA6/20号の企画「ヨメトーーク」。「まじで!?」「ウソでしょ!?」と思わず叫びたくなる衝撃の内容が次々と飛び出しましたね。だってまさかねぇ、あのアレが、あんなことになるなんて…ねぇ?口が裂けても言えない…。

※詳しくは結婚SANKA 2018年夏秋号本誌をご覧ください

今回は、本誌で書ききれなかった内容を特別に公開。結婚式準備の裏側に深く、深く迫っていきますよ〜!!!

 

その前に、編集部で赤裸々トークをしてくれた北陸の卒花嫁3人のプロフィールをおさらいしましょう♪

 

Sさん(35歳/会社員/挙式日 2015年10月)

結婚式まで4カ月というタイトスケジュールの中、「間に合うのかな」と常に不安に駆られながら、ハラハラ・ドキドキのプレ花嫁時代を過ごした。準備中は、お義母さんとのやりとりにギクシャク…。

 

Yさん(25歳/パート・アルバイト/挙式日 2017年3月)

人見知り&恥ずかしがり屋の彼の代わりに、結婚式場とのやりとりをほとんど一人で行ったしっかり者。プレ花嫁時代は、彼とのケンカが絶えなかったという。

 

Mさん(33歳/契約社員/挙式日 2018年3月)

結婚式当日、ドレスの締め上げの激痛に苦しみながらも笑顔を作り続けたガッツあふれる卒花嫁。味にうるさい(?)料理人の彼をもつ。

 


 

編集Y 実は今日の座談会の前に、北陸の卒花嫁548人を対象に「結婚式準備でイライラしたこと、モヤモヤしたことはあった?」というアンケートを実施しました。その結果を見ていると、ちょこちょこBGM関係の話が出てくるんです…。

Mさん ええ、BGM!?

編集Y こんな感じの活きのいいエピソード、揃ってますぜ!よってけ姉ちゃん!(魚屋風)

 

・彼が「BGMだけは任せて」と言ったのに全然やらず、提出締め切り日のギリギリの時間まで私も手伝うことに。結局納得のいく音源を見つける時間もなく大ゲンカ。 (べにしょうが/30歳)

・退場で、自分たちがお願いしていたものと違う曲が流れて「えっ?」となった。きちんと最終確認をしておけばよかったとモヤモヤしました(かおり/25歳)

・担当が新人のプランナーで、用意したDVDを式の前日に流せないと急に言われ、希望BGMがたったの2曲だったのに、1曲は流してほしい場面じゃない所で流れ、もう1曲はお色直し最中に突然流せないと言われた。後日返金、謝罪対応してもらった。(ゆき/26歳)

 

Yさん そんな…かわいそうすぎるよ…。特に最後のエピソード!

編集Y 読み上げるだけでも悲しくなってきました(笑)

Mさん でも今式場のBGMって厳しいらしいね。著作権の関係で。

Sさん それ、私も聞いたことある!

編集Y どれだけ二人のお気に入りの曲でも「やっぱり流せません…」って言われる事態が発生するのは、著作権があるからなんですね。

Mさん だと思う。1曲5,000円くらいかかるって聞いたけど本当かな?

Sさん ほんとに!?5,000円ってめっちゃ高いじゃん…。

Mさん 私の場合は「うちの会場で持ってる曲なら使えます」って言われて、その中で選んだから大丈夫だったけど。もしオープニングからエンディングまで、会場が権利持ってない曲を全部流したら、BGMで10万円くらい?やばくない?

Sさん たしかに、好きな曲流すのに+10万円もかかったら、たまったもんじゃない。せっかくの結婚式だし、思い出の曲流したいのにねぇ…。

Mさん 著作権フリーの曲って何があるん?モーツァルトとか?全部クラシックにしたらいいん!?

Yさん なにそれ〜!どんな結婚式になるん(笑)

※編集Yが座談会後に調べてみたら、著作権フリーのBGMって意外とたくさんありました。無料ダウンロードサイトもあり、中には思い出の曲や好きなアーティストの曲ではないかもしれませんが(笑)

 

編集Y BGMにそんなに料金かかるって言われてたら、Yさんの彼は発狂してたかもしれないね。

Yさん そうかも〜。うちの彼、私に結婚式の準備丸投げだったくせに、BGMだけ異常にこだわってたから(本誌参照)。超人見知りで、打ち合わせの時も「ああ」「うん」しか言わなかった彼が、BGMの打ち合わせだけはグイグイ入ってきて謎だったなぁ…。

Mさん 謎のこだわり発揮!男の人ってそういうとこあるよね。

Sさん BGM選ぶの楽しいけど、地味に大変だった気が。結婚式の準備って、探したり選んだりすることだらけでさぁ。

Yさん わかる。やらないといけないことが増えてきたら、小さなことでも負担が…。私の場合彼に丸投げされたせいで、ほとんど自分で準備してたからもあるんだけど。それで、ずっとインスタとか見て調べてたらノイローゼ的な感じになってきた思い出がある(笑)

Mさん ノイローゼ…わっかる!結婚式の日が迫ってきたら、余計インスタ見てしまうんだよね。それで、「あ、うちの会場だとこの演出できないんだった」って落胆する。

Yさん 私の会場、装花以外はほとんど持ち込みOKだったんだよね。だから髪飾りも自分の好きなのにしようと思ってたのに、好みのものがなかなか見つからなくて!それを探すのに、ネットとかインスタとか、Creemaとかメルカリとか…いろいろ駆使して探して、完全に燃え尽きたよ(笑)

編集Y 燃え尽きて、よくぞココに生きて帰ってきました…涙出てきますね。結婚式準備中のみんなの頑張りに拍手!!!

 


 

【編集Yが調べてみました】

3人との話にもあった、BGMについてです。まず曲を無許可で使用すると著作権・著作隣接権の侵害に値します(っていうのはもうみんな知ってるかな?笑)

入場や退場で使う曲だけでなく、ムービーで使うものも該当しますし、たとえ「サビだけ」でも違法になるのです。

JASRAC等と契約している式場、もしくはISUMに加盟している式場なら許諾をとってもらえるので、まずはBGMについて式場スタッフまたは式場プランナーにきちんと確認をしましょう。

※座談会中に出てきた一曲5,000円という話は、Mさんの会場の話です。会場によっては、BGMを流す時間(何分単位)で料金がかかる場合や、許諾の申請を自分たちで行わなければならない場合もありますので、きちんと確認が必要です。

 

【関連記事】

「男のプライドに振り回される女たち」編

「結婚式前ダイエットは負のスパイラル」編

 

また「ヨメトーーク」本編は、結婚SANKA夏秋号本誌で掲載中です。

↓↓ブルーの表紙が目印です♪

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディング”の最新記事はこちら

このページの先頭へ